マーケティングには順番がある! マーケティングプロセスとは? 福山・尾道マーケティング・コンサルティングの株式会社カラバオ

マーケティング

マーケティングには順番がある! マーケティングプロセスとは?

By Dragon

ABOUT US

CARABAOは中小/ベンチャー企業のビジネス拡大を支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。社内のノウハウ蓄積と自社運用を目標にお客様の事業の持続的な成長に貢献していきます。

Learn More
マーケティングを始めよう!と思っても何から始めれば良いかわからない、どんな順序でやるかわからない。

そんな方いらっしゃいませんか?
マーケティングの手順もなぜその順番で行っているかまで理解できているでしょうか?

この記事では、マーケティングの手順である「マーケティングプロセス」を解説します。各過程の重要性とその理由を把握し、具体的なイメージをもってマーケティングを進めましょう。

 

マーケティングプロセスとは


マーケティングでは、「誰に」、「何を」、「どのように」認知してもらい購入してもらうかが重要です。これに関わるプロセスは以下の大きく6つに分類されます。

1.市場分析
2.セグメンテーション
3.ターゲティング
4.ポジショニング
5.マーケティングミックス
6.実行と評価

まず市場の動向や自社の強みや弱みを洗い出します。ここで得た情報をもとに、新規事業の開発、既存事業の発展を目標とするかなど、方向性を決めることができます。

また、顧客がいるからこそ、そのニーズに応えた商品が生まれ、商品があるからこそ、それに応じた販売戦略が必要です。

つまり、マーケティングをする際、「誰に」→「何を」→「どのように」の順番で施策を考えなければいけません。

マーケティングプロセスでは、

  •  ●「誰に」を「セグメンテーション」と「ターゲティングで」

  •  ●「何を」を「ポジショニング」

  •  ●「どのように」を「マーケティングミックス」が担っています。


以上の過程を経て、ようやく戦略を実行し、その評価を行い改善し続けます。


それでは各項目を見ていきましょう。

 

1 市場分析


マーケティングの最初のステップとして、まずは企業内外の環境分析をします。

一番最初に環境を分析することで、自社の強みや弱みの把握、他社との関係、狙える市場の選定をし、この先のマーケティングプロセスにおける基礎を形成できます。

市場分析を行うことで事業として取り組むべきことが明確となり、誰にどんな価値を届けるのかを考える土台になります。

そうすることでマーケティングによって目指す方向性を定めていくことができます。
市場分析の具体的手法に以下が挙げられます。詳しくは下記の参考記事をご覧ください。



参考記事:【ブラックサンダーで解説⚡】3C分析って何?
参考記事:【ブラックサンダーで解説⚡】SWOT分析とは
参考記事:【PEST分析】マクロ環境を多角的に考察!

 

2 セグメンテーション


市場分析を行い、マーケティングの方向性を決めたら、マーケティングにおける「誰に」の部分を明確にしていきます。

先に「誰に」を明確にしないと、ニーズが不明瞭になります。また、付加価値の優先順位を決めることが難しくなり、進行が困難になります。

「誰に」を決める最初のステップとしてセグメンテーションを行います。

セグメンテーション(Segmentation)は英語で「分割・分裂」という意味です。市場全体を何らかの基準や法則で分け、共通の属性を持った集団に分類します。

具体的な方法は参考記事(※)の①Segmentation(セグメンテーション)をご覧ください。



 

3 ターゲティング


ターゲティングでは、「誰に」の解像度をより上げていきます。
セグメンテーションで市場を分類した後、その中から自社がどの層により注力するかを決めます。

それぞれのセグメントでの市場動向、顧客の属性、市場規模、参入障壁の有無、競合企業などを分析し、自社が狙う市場を考えます。

具体的な方法は参考記事(※)の②Targeting(ターゲティング)をご覧ください。



 

4 ポジショニング


セグメンテーション、ターゲティングを通して「誰に」の部分を明確にしました。
ポジショニングでは「何を」を具体化していきます。

ポジショニングとは、ターゲティングをした市場の中で競合他社と差別化できる点を明確にし、自社の立ち位置を明らかにします。

ユーザーに対して自社でのみ提供できる価値 = 差別化できる点であり、これをユーザーに認識してもらうことが重要です。

詳しくは参考記事(※)の③Positioning(ポジショニング)をご覧ください。


※参考記事:【自社の独自性は?】ビジネスの基礎を作るSTP分析

 

5 マーケティングミックス


これまでの項目で、「誰に」「何を」提供するかの軸が定まりました。
最後に「どのように」の部分、つまり具体的戦略、アプローチ方法を考えていきます。

マーケティングミックスは、4P =「商品(Product)」、「価格(Price)」、「場所(Place)」、「販売(Promotion)」から構成されており、それぞれの要素でマーケティング施策を検討します。

また、近年では顧客視点に立った4C =「顧客価値(Customer Value)」「顧客にとっての経費(Cost)」「入手の容易性(Convenience)」「コミュニケーション(Communication)」を用いて施策を検討する場合もあります。
具体的な方法については下記の記事でご覧ください。

参考記事:【マーケティング戦略の基本】4P分析を具体例を用いて解説!
参考記事:【4C分析】顧客視点に立ったフレームワーク

 

6 実行と評価


いよいよ、ここまでに決めた戦略を実行し、検証を行います。効果が良かった場合も悪かった場合もその原因を洗い出しましょう。

何度もPDCAを回し、どの過程に改善の余地があるかを見つけ出し、よりよいマーケティング活動に繋げましょう。

 

まとめ


本記事ではマーケティングプロセスの流れとその重要性について解説しました。

方向性を定めるために市場分析、「誰に」提供するかを決めるためにセグメンテーション、ターゲティング、「何を」価値にするか「ポジショニング」で定めます。

そして、「どのような」方法で展開するかを「マーケティングミックス」で決めて、「実行と評価」を通し施策の改善を行います。
ご相談はこちら

ABOUT US

CARABAOは中小/ベンチャー企業のビジネス拡大を支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。社内のノウハウ蓄積と自社運用を目標にお客様の事業の持続的な成長に貢献していきます。

Learn More