【PEST分析】マクロ環境を多角的に考察! 福山・尾道マーケティング・コンサルティングの株式会社カラバオ

マーケティング

【PEST分析】マクロ環境を多角的に考察!

By Dragon

ABOUT US

CARABAOは中小/ベンチャー企業のビジネス拡大を支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。社内のノウハウ蓄積と自社運用を目標にお客様の事業の持続的な成長に貢献していきます。

Learn More
マーケティング活動を行う際、まずは環境分析を行う必要があります。

環境分析を行うことで、参入すべき市場や自社の脅威と機会を発見でき、その後のマーケティングの方向性が決まるためです。

環境には外部環境(マクロ環境、ミクロ環境)、内部環境の3つが存在します。

今回紹介するPEST分析は外部環境の中でも、マクロ環境を分析するフレームワークです。マーケティングをする際の第一歩となる大事なステップなので、ぜひお読みください。

この記事を読むと、

・PEST分析がなにかわかる
・PEST分析のメリット・注意点がわかる
・PEST分析の具体的手法がわかる

ようになります。早速解説します。

 

1 PEST分析とは

外部環境は自社でコントロール不可能な「マクロ環境」と、自社である程度コントロール可能な「ミクロ環境」に分けられます。

PEST分析は、自社を取り巻くマクロ環境を分析するフレームワークです。アメリカの経済学者でマーケティング論に精通するフィリップ・コトラー氏が提唱しました。

マクロ環境をPolitics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)の4つの視点から分析することから、それぞれの頭文字をとり「PEST」と言います。



 

P:Politics(政治的環境要因)


国、政府による法改正や規制などを分析します。世の中全体に大きな影響を及ぼすので、企業はこれらを注視し、自社への影響を考え、事前の対策が必要になります。

・法改正
・増税
・政権交代

例えば2020年の4月から、「改正健増法」により飲食店など屋内は原則全面禁煙になりました。全席禁煙で他店舗と差別化をしていた店舗にとっては脅威になります。

 

E:Economy(経済的環境要因)


経済状況の変化は価格帯に大きな影響を与えます。価格の変動は企業の売上、利益に直結するので情報や変化に注視する必要があります。

・景気動向
・物価
・経済成長率
・人件費
・株価、為替、金利

2015年、すき屋は人件費上昇により牛丼(並)を60円の値上げ、2021年には原材料であるアメリカ産牛肉の価格が上昇したことでさらに50円値上げされました。このように価格競争力の強い商品は、経済状況の影響を大きく受けてしまいます。

 

S:Society(社会的環境要因)


社会的環境を分析することで、消費者の需要を把握する際に役に立ちます。以下が代表的な要素です。

・人口動態
・流行、世論
・世帯
・少子化、高齢化
・宗教・人口・言語

2020年より猛威を振るっているコロナウイルス。以前は花粉症や風邪の際に着けていたマスクも、外出時の必需品となる程に需要が伸びました。

 

T:Technology(技術的環境要因)


技術的環境は、ITなど革新的な変化をもたらす要因を分析します。企業の製品開発や広告手法だけでなく、消費者の生活の豊かさにも影響を与えます。

・IT活用
・イノベーション
・インフラ
・新技術
・特許

スマートフォンが普及したことにより、「ガラケー」と呼ばれる折り畳み式の携帯のシェアは縮小し、目にする機会もほとんどなくなりました。さらにスマートフォンでは簡単にインターネットにアクセスできるので、ユーザーは能動的な情報収集が可能となりました。

 

2 PEST分析のメリット


冒頭でも述べたように、PEST分析はマーケティング活動の土台を形成します。

PEST分析の対象は、企業の力ではコントロールできない世の中全体の環境=マクロ環境です。

したがってマクロ環境は企業に大きな影響を与える要素な上、企業の努力で変えることができないので一番最初に分析する必要があります。

この分析結果を元にミクロ環境の分析、自社内部環境の分析へ繋げます。

マクロ環境を様々な視点から分析することで、参入するべき市場やその参入方法、将来的な問題に対する対策を考える際に役に立ちます。



3 PEST分析の注意点


PEST分析は以上のようにマクロ環境を分析するフレームワークなので、中長期的な視点で戦略を考える際に役に立ちます。

しかし現代は非常に変化の激しい時代です。一次的な流行で需要が伸びても、またすぐに次の流行が現れます。

オイルショックやリーマンショックだけでなく、コロナウイルスのように突発的に起こり長く社会生活に影響を与えるものもあります。

PEST分析をするだけではなく、マクロ環境の変化をしっかり追い続けることも必要です。

 

4 PEST分析の実践例

それではPEST分析の実践例を紹介します。

昨今、教師の働き方について問題視されており、これを改善するために、学校向けSaaS(Software as a Service)として校務支援ツールの導入が急がれています。

今回はこの校務支援ツールの開発におけるPEST分析を行っていきます。


●Politics(政治)
教員勤務実態調査(平成28年度)の集計で教師の勤務実態が明らかに
→文部科学省が学校における働き方改革推進
・公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法の一部を改正する法律(令和2年4月施行)

●Economy(経済)
・校務・学習支援ツールの需要拡大
→働き方改革の推進、教育委員会・学校・家庭・地域の連携を図るスマートスクール構想
・SaaS業界は年平均成長率約20%で急成長
→低コスト、自由にアクセス可、データの蓄積可、複数人によるアクセス可
参考:SaaS業界の特徴を解説!SaaSは今何故人気を集めるのか?

●Society(社会)
・働き方への意識の高まり
・新型コロナウイルスの流行により密を避ける
・複雑化した社会に対応するため、従来の暗記型ではなく、「生きる力」を身に付けた子どもの育成が必要
=教師の負担増大

●Technology(技術)
・学内インターネット、ICT機器の普及
・クラウドデータ、インターネットの活用

 

まとめ

PEST分析とはマクロ環境をPolitics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)の視点から分析するフレームワークです。

PEST分析は自社に大きな影響を与え、コントロール不可能なマクロ環境の分析を最初に行います。そうすることで、後のミクロ環境の分析や内部環境の分析の土台を形成します。

また、ミクロ環境の分析には3C分析やSWOT分析を活用するので併せてご覧ください。

参考記事:【ブラックサンダーで解説⚡】3C分析って何?
参考記事:【ブラックサンダーで解説⚡】SWOT分析とは

環境分析後のマーケティングの手順はマーケティングプロセスの記事で紹介しています。

参考記事:マーケティングには順番がある! マーケティングプロセスとは?

PEST分析を活用して、自社の参入できる市場を発見し、その後のマーケティング活動に繋げていきましょう。
ご相談はこちら

ABOUT US

CARABAOは中小/ベンチャー企業のビジネス拡大を支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。社内のノウハウ蓄積と自社運用を目標にお客様の事業の持続的な成長に貢献していきます。

Learn More