3rd Party Cookieの廃止の背景とその影響 福山・尾道マーケティング・コンサルティングの株式会社カラバオ

マーケティング

3rd Party Cookieの廃止の背景とその影響

By Dragon

ABOUT US

CARABAOは中小/ベンチャー企業のビジネス拡大を支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。社内のノウハウ蓄積と自社運用を目標にお客様の事業の持続的な成長に貢献していきます。

Learn More
Cookieは、ログイン情報の入力の手間が省けたり、リターゲティング広告のように効果的な広告配信をする際に役に立ちます。
しかしプライバシーの観点からCookieを問題視する声があり、2023年にはGoogle Chromeは3rd Party Cookieを廃止すると発表がありました。

そこで今回の記事では

・3rd Party Cookieの仕組みとメリット
・3rd Party Cookieが廃止となった背景
・3rd Party Cookie廃止によるデジタルマーケティングへの影響
を詳しく解説します。

デジタルマーケティングに大きく影響する問題なので、しっかりと理解を深めましょう。

 

1.そもそもCookieとは

Webサイトを訪問したとき、ユーザーの情報(IDやパスワード、行動履歴)などを一時的に保存する仕組みのことです。

Cookieを利用することで、二回目以降のサイト訪問時にログイン情報の入力の手間が省けたり、前回の買い物カゴの状態を引き継いでオンラインショッピングが可能になります。

詳しくはこちらで解説していますので併せてご覧ください。
参考:Cookieとは?仕組みと危険性を解説!

 

2.3rd Party Cookieとは

Cookieには
・1st party cookie
・3rd party cookie
の2種類が存在します。

1st party cookieは訪問したサイトのドメイン(インターネット上の住所)が発行するCookieです。登録したIDやパスワード、閲覧情報や行動履歴が保存され、主に同一サイトで利用されます。

3rd party cookieは第三者=訪問しているサイト以外のドメインから発行されるCookieで、サイトをまたいだ利用が可能です。

これを利用することで複数のサイトと紐づいた訪問者の情報収集が可能になります。

あるユーザーが何を最近買おうしているか、複数のサイトでの行動履歴から予測することが可能です。
そこから買おうとしている商品の広告を表示できれば、効果的な広告配信ができます。



 

3.3rd Party Cookie廃止の背景

デジタルマーケティングを行う上で重要な役割を担っていた3rd Party CookieですがGoogle Chromeでのサポート廃止を2023年から進めると発表がありました。

既にApple社のSafariは、3rd Party Cookieをデフォルトでブロックするようになっています。ただ、設定の変更により使用することも可能です。

このような3rd Party Cookieの制限・廃止の背景に、プライバシー保護への意識が世界的に高まっていることが挙げられます。

2018年のEUでのGDPR(EU一般データ保護規則)、2020年のアメリカではCCPA(カリフォルニア州プライバシー)及び改案のCPRA(カリフォルニア州プライバシー権法)といったプライバシーに関する規制が厳しくなりました。

GDPRではそれまでのEU一般データ保護指令に比べより厳格化されています。特に個人データの保護について規則が強まっており、個人が自分のデータを管理する権利を取り戻すことを目的としています。

CCPAではどのような個人情報が収集されているか知る権利、削除を要求する権利、その販売を拒否する権利等が定められました。また、同年12月にCPRAに改正されると、この法令が適用される事業者の範囲の拡大や、プライバシー情報の権利についてより厳しくなっています。

日本でも2022年4月より改正個人情報保護法が施行されます。本人の情報への権利保護が強化されたり、事業主の責務が追加されるなど、個人の権利利益の保護を目的として改正されました。

プライバシー保護への意識が高まったことが今回の3rd Party Cookie廃止の一番の原因です。



 

4.デジタルマーケティングへの影響

3rd Party Cookieの廃止に伴い、3rd Party Cookieを利用していたデジタルマーケティングの手法に影響が及びます。代表的なものにリターゲティング広告があります。

リターゲティング広告は追跡型の広告です。一度サイトに訪れたユーザーを、サイトから離れた後も追跡する仕組みです。

ユーザーを追跡するために、サイトを横断できる3rd Party Cookieを活用してユーザーデータの収集を行っていました。

しかし3rd Party Cookieが廃止されると、ユーザーデータの収集が制限されるので、リターゲティング広告が使用できなくなります。

リターゲティング広告は見込み顧客にアプローチできる、効果的な広告形態だったため、廃止の影響は非常に大きいと言えます。

また、Webサイトの効果測定でも影響が出る可能性があります。3rd Party Cookieによって今まで計測していたデータの取得が今後はできなくなります。



 

まとめ

今回は3rd Party Cookieが廃止となった背景、その影響について解説しました。

プライバシー保護に関する声が世界的にも高まっている現在、今回のGoogleによる廃止は当然のことだったのかもしれません。今後もさらに規制が激しくなることを想定する必要があります。

3rd Party Cookieの廃止により、ユーザーデータの取得が難しくなります。
これによりユーザーデータを利用したデジタルマーケティングの手法が制限されます。

3rd Party Cookieの代替を検討したり、3rd Party Cookie に依存しない施策、Webサービスを使うなどして今後は対策する必要があります。
ご相談はこちら

ABOUT US

CARABAOは中小/ベンチャー企業のビジネス拡大を支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。社内のノウハウ蓄積と自社運用を目標にお客様の事業の持続的な成長に貢献していきます。

Learn More