【拡散性が高いSNS】Twitterを理解する 福山・尾道マーケティング・コンサルティングの株式会社カラバオ

マーケティング

【拡散性が高いSNS】Twitterを理解する

By Fafner

ABOUT US

CARABAOは中小/ベンチャー企業のビジネス拡大を支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。社内のノウハウ蓄積と自社運用を目標にお客様の事業の持続的な成長に貢献していきます。

Learn More
Twitterとは、いま世界で起こっていることや話題になっていることを知ったり、情報を瞬時に共有したりと、世界中の人々とリアルタイムにつながることのできるソーシャルメディアです。

短い文章、画像や動画などを使った情報発信やユーザー間のコミュニケーションを行います。

そんなTwitterの全世界での月間アクティブユーザー数は3億3,500万人(2018年9月)(※1)といわれており、その中で日本のユーザー数(アカウント数)は4,500万人(2018年10月時点 )(※2)となっています。

※2018年以降は公式発表がありません。
※1参照:Twitter Announces Second Quarter 2018 
※2参照:Twitterの月間アクティブユーザー数は日本で4500万超(TechCrunch)

 

Twitterの3つの特徴


1.若年層の利用者が多い

Twitterは圧倒的に10〜20代の若年層の利用者が多いSNSです。

手軽に投稿できるという特徴からそれ以外の年代にも幅広く活用されています。

引用:【2021年最新版】Twitterユーザーによる「企業公式アカウント利用実態調査」結果発表!

 

2.拡散性

他のSNSと比較してシェア(=リツイート)されやすく、シェアされることで自身とつながりのないユーザーにまで広く情報が届く可能性があります。

良い情報も悪い情報も、注目を集めるとあっという間に拡散される拡散性の高さはTwitterの大きな特徴です。

特に話題性のある投稿動画などは、テレビで紹介される可能性もあり、情報が多くの人に拡散される現象を「バズる」といいます。

 

3.即時性

ツイッターは手軽に発信できるといった点から様々な話題がリアルタイムで流れてくる点も特徴の一つです。

この即時性においては他SNSに比べ圧倒的なスピード感を持っています。

リアルタイムで起こっている情報をいち早く入手したい場合は、GoogleやYahoo!で検索するよりもツイッターの検索機能を使った方が情報に早く辿りつける場合もあります。

 

Twitter広告の特徴

上記のような特徴をもつTwitterを用いて広告を活用することで、どんな特徴や強みがあるかを下記にまとめました。

 

1.拡散性が高いため、上手くバズれば広告費以上の成果も期待できる

Twitterのタイムライン上に配信する広告は、通常の投稿と同様にユーザーがリツイートを行うことが可能です。

そして、リツイートされた広告に対するアクションについては広告費が発生しない課金形態となっております。

つまり広告が話題になり多くのユーザーにリツイートされることで、かけている広告費以上の成果を出すことも可能となります。

 

2.自社で設定したターゲットだけでなく、潜在層ユーザーにリーチできる

広告がユーザーによって拡散されれば、そのユーザーのフォロワーがその広告を見ることになります。

これは、自社で設定したターゲット以外のユーザーである可能性もあり、企業側で想定していなかった潜在層のユーザーにリーチすることも可能となります。

 

3.ユーザーの興味関心軸を利用した効率的なターゲティング

自分の趣味や興味関心があるTwitterアカウントをフォローするユーザーが多くいます。

Twitter広告には興味関心ターゲティングやフォロワーターゲティングなどが用意されており、それらを利用することで自社の商品やサービスに関心が高いユーザーにリーチすることができます。

また特定のキーワードについてツイートしたり検索したりしたユーザーに、広告を表示させるキーワードターゲティングも用意されています。

豊富なターゲティング設定を活用して、商品やサービスの情報を求めているユーザーに対して効率的に広告を出すことが可能です。

 

Twitterの注意点


文字数制限がある

Twitterではツイート1回あたりの文字数は140文字に制限されています。これは広告でも同じです。

そのため文字のみで多くの情報を伝えるのは難しくなっています。画像や動画を使うなど情報伝達の方法を工夫すると良いでしょう。

 

マナーや内容に注意

気軽にツイートできることがTwitterの特徴ですが、気軽さゆえにふさわしくない投稿をしてしまうケースが見られます。

意図せず見た人を傷つけたり、失言をしてしまうことがあるかもしれません。さらに拡散性が高いためそのツイートが多くの人に見られ「炎上」してしまう可能性もあります。

不特定多数の人に見られているという意識を持ち、マナーや投稿内容には十分に注意しましょう。

 

情報の信憑性

実名・匿名問わず、だれでも気軽に情報発信ができるため情報の信憑性は慎重に判断しなければなりません。虚偽の情報でつくられた「フェイクニュース」なども含まれているかもしれません。

そういった間違った情報に惑わされないように情報リテラシーを持つことが大切です。

 

まとめ

Twitter広告では「いかに注目を浴び、多くの人にリツイートされるか」といった点が非常に重要になってきます。

また、広告以外でもオーガニックのアカウント運用を活用する企業も増えており、Twitter上では企業とユーザーのコミュニケーションも活発に行われています。

オーガニックのアカウントにおいて広告主のビジネスに関するツイートをリツイートや返信をするなど、オーガニックの運用とあわせて広告を活用することでさらなる効果に期待することが出来ます。

ただ炎上などネガティブな結果になってしまう例も散見されます。

改めて下記にTwitterの特徴と注意点をまとめました。


特徴と注意点を把握してアカウント運用や広告を企業活動に活用してみることをお勧めします。
ご相談はこちら

ABOUT US

CARABAOは中小/ベンチャー企業のビジネス拡大を支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。社内のノウハウ蓄積と自社運用を目標にお客様の事業の持続的な成長に貢献していきます。

Learn More