オンライン広告とオフライン広告の違いを整理してみた! 福山・尾道マーケティング・コンサルティングの株式会社カラバオ

マーケティング

オンライン広告とオフライン広告の違いを整理してみた!

By Fafner

ABOUT US

CARABAOは中小/ベンチャー企業のビジネス拡大を支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。社内のノウハウ蓄積と自社運用を目標にお客様の事業の持続的な成長に貢献していきます。

Learn More

オンライン広告とオフライン広告の違いとは?

インターネットが一般的になった現在ではオンライン広告が注目されていますが、オフライン広告も日常で多く見かけています。

それぞれの広告に得意なこと、苦手なことなどあり、その特徴を理解し目的に応じて適切に使い分けることが重要です。

広告を利用する目的に合わせて適切なメニューを選択できるようにまずは違いとそれぞれのメリット・デメリットを確認していきましょう。

 

オフライン広告とは


オフライン広告とは、「インターネットを介さない広告」の事を指します。

具体的には4大マスメディア広告、電車の張り付けられている広告などが該当します。

4大マスメディア広告とは、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などのインターネットが普及する以前に主流であったオフライン広告です。

①テレビCM:
最も有名な手法です。テレビ番組の視聴者に届けることができ、多くの人にブランドイメージを認知させること可能です。ただしその分費用がかかります。


②ラジオCM:
番組のリスナー層に合わせてターゲットが絞りやすくテレビCMに比べ、費用を安く抑えることができます。


③新聞広告:
新聞の特徴として、タイムリーに広告を出せるというメリットがありますが、翌日になるとその新聞が読まれる確率は低くなるため、広告効果がぐっと下がってしまうという特徴があります。


④雑誌広告:
雑誌自体が細分化されているのでターゲットが絞りやすく、繰り返し読まれることも期待できるため広告の接触期限が長いことが特徴です。


4大マスメディア広告の費用の目安は下記になります。
参考元:広告ダイレクトメディアレーダー

オフライン広告のメリット
・オンライン広告に比べ、伝えられる情報量が多い
・広告の露出が保障されている
・配信面の質が高く、知名度、企業イメージ向上につながる
というメリットがあります。

オフライン広告のデメリット
・オンライン広告に比べ、費用が高額になりやすい
・メディアの選択は可能だが、細かなターゲティング設定が難しい
・データ取得が困難なため効果測定が難しい
というデメリットがあります。

 

オンライン広告とは


オンライン広告とは「インターネットを介して配信する広告」の事を指します。
インターネットの普及により生まれ、多くの種類が存在します。下記にて一部ですが、ご紹介します。

【リスティング広告】
リスティング広告とは、インターネット検索後のに表示される広告のことです。クリック数に応じて、広告費用が発生します。

検索キーワードと親和性の高い広告を表示できるので、ターゲット層を絞り込むことができます。また、PPC広告(Pay Per Click)の一種でクリックされて初めて費用が発生します。広告表示されてもクリックされない場合は、広告費が発生しません。

【ディスプレイ広告】
ディスプレイ広告とは、Webサイトの広告枠に表示される画像広告などの事を指します。

リスティング広告は自ら検索行動を起こしている課題が健在化した層に対してのアプローチになりますが、ディスプレイ広告はターゲットに対して広告主(企業側)からのアプローチになるためまだ課題が明確になっていない層にリーチする手法になります。

【SNS広告】
SNS広告は、SNSの特性である拡散性を利用した広告方法です。各SNSによって特徴は異なりますが、拡散性があり多くのユーザーに注目をされ、想定していたよりも良い効果を得られる可能性もあります。

広告を見て興味を持ったユーザーがそのまま商品を購入する、資料請求をするなどの直接的な成果につながります。

【動画広告】
動画広告は、動画サイトやディスプレイ広告の枠で動画の広告を表示するものですYouTube広告が最も有名です。動画再生前、途中、終了後に表示されるTrueViewのインストリーム広告は5秒後にスキップできる機能があります。

動画広告を用いるメリットは、画像やテキストよりも情報を伝えやすく商品の魅力を伝えやすくなります。5Gなど高速通信の普及により動画の読み込み速度が上がるため、今後伸びる広告形式とも言われています。

【アフィリエイト広告】
アフィリエイト広告は、成果報酬型広告です。成果があって初めて広告費用が発生します。

獲得発生(広告目標の達成)で広告費用が発生する仕組みなので、初期費用がほとんどかからず、費用対効果の向上が期待できます。

近年、誇大広告などの問題で名前が知られるようになりましたが、アフィリエイト広告自体は20年以上の歴史があり広告手法としては何の問題もありません。

オンライン広告のメリット
・媒体データを活用したターゲティングの設定が可能
・予算に合わせて柔軟に出稿調整が可能なため安価に始めることができる
・配信データを取得できるため効果測定がしやすい
・知識があれば費用対効果を高めることができる
というメリットがあります。

オンライン広告のデメリット
・専門的な知識が必要となるため知識がない状態では費用対効果が悪くなる可能性がある
・多くの広告形態があるため目的・目標に合わせて適切に選ぶ必要がある
・運用型広告では日々の運用の中で設定ミスなどが起こる可能性がある
というデメリットがあります。

 

まとめ


改めて下記表にオンライン広告とオフライン広告の違いについてまとめました。

自社の事業目標、マーケティング目標を明確にし、適切な広告手法を選択していくことが大切になります。

また、オンライン広告は媒体と手法が多種多様にわたります。専門知識を持たずに実施してしまうと、広告効果を最大限に発揮することができません。

広告配信をするには専門知識を持ったプロにアウトソースするのか、自社内でインハウス化していくのか様々な方法がありますので、自社の状況に合わせて判断していくことも大切になります。
ご相談はこちら

ABOUT US

CARABAOは中小/ベンチャー企業のビジネス拡大を支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。社内のノウハウ蓄積と自社運用を目標にお客様の事業の持続的な成長に貢献していきます。

Learn More